米国特許権利化支援ツール

LexisNexis® PatentAdvisor®

PatentAdvisorは、US Pairのオフィシャルデータを収録したデータベースです。

特許審査費用の予算編成、知財ポートフォリオ管理、現地代理人の評価、USPTOの審査対応に関する懸念事項に対し、データに基づいて、複数のモジュールを利用して体系的に取り組むようにデザインされたソリューションです。

  • オフィスアクション回数の軽減
  • 素早く簡単に、ポートフォリオ中の個々の出願経過をチェック
  • 代理人のパフォーマンス比較・評価
  • 正確でタイムリーな出願権利化の予算計画
  • Pairデータのウォッチング

PatentAdvisorは、予測解析論により知財重視企業を支援します。 オンライン・データを利用した賢いツールは、類似する特許出願の審査が、今後どのように進展するのか、より優れた予測をするため、分析・統計・モデリング とデータマイニングを組み合わせて過去の特許出願を分析します。分析は、米国特許商標庁に所属する8,000人以上の審査官単位、そしてアートユニット単 位の処理パフォーマンスを記録しているデータに基づいています。

<拒絶理由条文分析:First、Non-Final、Final毎の拒絶理由の特徴>

<Office Action分析:本願と担当審査官の平均OA回数との乖離>

2日間の無料トライアルをしてみませんか?2-day free trial

PatentAdvisorは優れた分析により、米国特許出願のスマートな審査処理に貢献し、特許ポートフォリオの管理を向上させ、出願案件毎の効率的な審査対応を可能にします。

知財部門の出願予算、ポートフォリオを管理している担当者に適した製品です。

米国特許出願に関して、審査対応を改善するために、個々の特許審査官とアートユニットが、どのように以前の特許出願に対応したかを理解して、それら審査官の一般的な業務の流れとスケジュールを推定することができます。 過去のパターンと特許審査官の統計評価により、知財権利化担当者は将来の戦略を策定する事ができます。そして、過去に成功したタイミングと戦術を基にUSPTOの審査官に接することができます。

 

モジュール構成:

         1.Prosecution Advisor

Prosecution Advisorは、特許審査過程において、企業の出願権利化担当者が実施可能な情報を提供します。 どのくらいの期間が審査対応に必要かを推定し、より効率的で効果的な権利化戦略を考えることができます。

審査官とアートユニットの完全な分析レポートを利用して審査手続きを迅速化する事ができます。 特定の特許出願番号を検索して、600万以上の特許出願のファイルの1,000万以上のオフィスアクションを含む詳細な情報に基づき、審査官とアートユニットについて解析したレポートを作成します。

       2.Portfolio Management Advisor

自社の特許ポートフォリオの、全ての出願のステータスをご存知ですか?知らないとしたら、ポートフォリオ中のどの特許が、現在、困難な状況にあるのかを特定するために、どれくらいの時間とエネルギーを必要とするでしょうか?オフィスアクションが審査官全体の平均値を上回っているのはどの出願ですか? 低い許可率、あるいは許可しない経歴を持った審査官に関わっている出願はありますか? Portfolio Advisorを使えば、数クリックでそれを理解することが可能です。

 

  • 特定の審査官とアートユニットの過去の出願の許可率を知る
  • 審査官の過去のオフィスアクションの理由を知り、自社の出願対応に備える
  • 許可前に、審査官が何回RCEとオフィスアクションを要求したかを知る
  • 審査官とのインタビューがどの程度、許可に影響しているのか見当をつける
  • その審査官が何回アピールを経験しているか、そしてアピールの結果と、事前の効果的な対応を理解する
  • アピールの結果として、裁判あるいは審判に至る可能性の把握
  • 同一アートユニットの審査官が担当している他の出願と、本願のアクション回数との比較。時間と費用を節約し、最も効果的な権利化対応に対する戦略の策定。
  • 他の類似出願と比較して、更に権利化対応に時間と費用を要する可能性のある出願のアラートと、問題の特定と対策
  • 審査処理遅延の理由と行われている対応を理解し、現地代理人との議論に備える
  • 類似出願に関して、過去のアートユニット、あるいは審査官のアクションを見直し、現地代理人に対して、最も効率的で効果的な対応を指示する
  • 権利化が遅れている出願に関し、更なる投資が正当であるかの判断
  • 複数の現地代理人を利用している場合、各々の事務所が担当している出願案件のパフォーマンス比較
  • 効果的な知財部の時間、人員と予算の管理
  • 次に起りそうな出来事の堅実な予測による、より現実的な予算の見積もり

 

 

LexisNexis PathWays (TM)は、PatentAdvisorのモジュールです。世界で唯一、USPTOにおける審査のプロセスを予測し、発明を特長づける事により、最短期間で最高品質の特許を取得可能にするツールです。企業のデータ主導型の出願戦略や予算管理に役立ちます。

PathWays は、米国出願明細書の技術内容をデータ解析し、最適な審査アートユニットのみならず、各アートユニットを特長づける用語を一緒に提示してくれます。最適なアートユニットを知り、そのアートユニットで審査されるように明細書をひと工夫する事で、大切な出願案件の審査処理が許可率の低い審査ユニットで滞るのを防ぎます。類似のアートユニットであっても、許可率に50%もの差がある事を知って下さい。
 

PathWaysはPatentAdvisorとシームレスに動きます。併用することで、出願前、および権利化のプロセスを最適化する事が可能です。

■ LexisNexis PathWays (TM)製品案内

Lexis for Microsoft® Office
Lexis® Advance for Solos
LexisNexis Legal Store