海外特許情報DB  LexisNexis® TotalPatent®

TotalPatent®は、レクシスネクシスが提供する、海外特許の先行技術調査、無効化資料調査、抵触調査等に必要な特許調査業務を支援するソリューションです。

TotalPatentは、世界100カ国の特許・実用新案データを収録する特許検索データベースです。海外での生産活動や販売活動を行う際に自社の知的財産を保護するためには国内・国外の特許を含めた特許調査が欠かせません。
TotalPatentは、知的財産保護のための、より効率的でタイムリーな特許調査を可能にする特徴や機能を備えています。

  • 32カ国の公報全文(原語)を収録
  • 30カ国の公報全文(英語)を収録
  • セマンティック検索機能をはじめとする広範な検索機能
  • 検索結果を比較分析する「Visualize・Compare」ツール

TotalPatent 製品概要 (PDF)

業界最多級の収録範囲
100カ国の特許・実用新案情報を横断検索できます。

特許調査において多く検索される米国・欧州・中国・韓国に加え、近年注目の高まっているインド・台湾・ロシア・ブラジルを含む32カ国については、フルテキストデータを収録しています。

(2012年 韓国特許・実用新案情報収録開始。五大特許庁すべての特許・実用新案の英語及び、公報の発行言語による全文一括検索が可能になりました)

英語で横断検索
ドイツ語、フランス語、ロシア語、中国語、韓国語、日本語など非英語で発行された公報全文に加えて、自社で機械翻訳した英語による全文を収録しているため、英語及び、公報発行言語による横断検索が可能です。

米国提訴情報・世界の学術情報へのリンク
TotalPatent®を入口として、LexisNexis®CourtLink®由来の米国特許提訴情を確認できます。また、引用非特許文献からエルゼビア社の学術情報データベースScopus®へのリンクを通じて、非特許文献の英語抄録をご覧いただけます。

セマンティック検索
セマンティック検索機能により、類似の特許文献を簡単に抽出することができます。

サーチャブルPDFコレクション
しおり付きで検索可能な5,000万件以上の公報PDFファイルをご利用いただけます。

検索効率
世界100カ国の特許情報を英語で一括検索できます。非英語の公報も、英語及び公報発行言語で検索・内容確認可能です。

また、パテントファミリー、図面、リーガルステータス、米国提訴情報など調査に不可欠な情報を包括的に収録していますので、

特許調査・リーガル調査の効率化を図れます。

業界のモニタリング
SDI、モニタリング(ウォッチング)機能により、競合他社の活動や重要な特許の権利状況などを定期的に知ることができます。

簡易統計機能による分析
内蔵の分析ツールを利用してグラフィカルマップをオンラインで作成し、検索結果の簡易分析を実施することができます。

多彩な表示・出力形式による調査結果の確認
検索結果のデータを、 Word、CSV、PDFや、Biz Intなど主要な形式にエクスポートできます。検索結果を表示する表示レイアウトにも、好みに合わせて4種のオプションをご利用いただけます。


 
全文収録国数 32 US, EP, WO, JP, DE, FR, GB, CA, CN, RU, KR,
AT, AU, BE, BR, CH, DD, DK, EA, ES, FI, IE, IN,
IT, LU, MC, MX, NL, PT, SE, SU,TW
  うち英語全文収録国数 30 US, EP, WO, JP, DE, FR, GB, CA, CN, RU, KR,
AT, AU, BE, BR, CH, DD, EA, ES, IE, IN, IT, LU,
MC, MX, NL, PT, SE, SU,TW
書誌(抄録)収録国 68 TH, PH, MY ほか
収録国数 合計 100  
■TotalPatent(R)  - 12/5 機能拡張のお知らせ

日頃よりTotalPatentをご利用頂き誠にありがとうございます。
12月5日、以下の定期機能拡張が行われましたのでご案内致します。

1.WorkFoldersにフィルタリング機能搭載

このたび、検索ヒットリスト(Search Resultsタブ)に搭載されていた
フィルタリング機能がWork Foldersでもご利用いただけるようになりました。

これにより、出願人、発明者、分類または日付を基にして、Work Foldersに
保存した検索結果の中から必要な情報のみを効率的に表示・閲覧することが可能になります。
 
<フィルタリング機能でご利用可能な項目>

出願人(Standardized Assignee)/発明者/分類(IPC・CPC・FI・Fターム)/
日付(出願日・優先権主張日・公報発行日)
 
2.FI、Fターム、IPCの日本語の定義参照

TotalPatentの検索画面(Advanced Search、Guided Search)の右側にある
External Classificationの修正が行われ、「FI・Fターム」をクリックすると、
独立行政法人工業所有権情報・研修館提供のJ-PlatPatのパテントマップガイダンス
が表示され、FI、Fターム、IPCの日本語の定義をご確認いただけるようになりました。


3.アラート機能をExtendedファミリーに拡大

アラートの「Monitor Changes to Patent」でパテントファミリーメンバーの追加を
モニタリングする際、従来はMainファミリーが基準となっておりましたが、このたび
Extendedファミリーを基準にして変化の有無を監視するように変更されました。
これにより、1件のアラートで監視可能となるファミリーメンバーの対象が広がり、
Mainファミリーでは別ファミリーとして別個にアラートを設定しなければ
なかった手間を削減することができます。

■2015年10月製品拡張情報

日本語・韓国語・中国語での検索が可能になりました。

 TotalPatentのローカライズの第一弾として、日本語・韓国語・中国語で発行された特許・実用新案の原語検索が可能になりました。

これにより、ヨーロッパ言語の独語・仏語などと同様に、原語単独で、あるいは英語と混ぜても検索可能です。

日本のお客様の利便性向上のため、今後も、段階的にローカライズを進めていく予定です。    

 ■2015年5月製品拡張情報

フィルタリング可能な項目が追加されました。

1.出願日

2.優先権主張日

3.FI、Fターム

■2015年3月製品拡張情報

 1.パテントファミリーツリー:ファミリー特許のグラフィック表示が可能に

 ファミリー中の各特許の出願日から本年までの公報ステージをタイムラインと色とでグラフィカルに表示します。これにより、各国の権利化状況を一目で視覚的に把握することが可能になります。 

ファミリーツリーは、LexisNexisのメインファミリーを対象に、最先の優先権特許を最上位に配置し、残りのファミリー特許を国コードのアルファベット順に下方向に並べます。

未登録特許のタイムラインは黄色で、登録特許は緑色で表示されます。

タイムライン上には、公報発行日に該当する位置に種別コードが配置されています。 

詳細はこちらをご覧ください(英語)

 2.結果リストのフィルタリング自由度向上

複数項目をAND/OR演算子を利用して自在に条件設定可能になります。

 3.Spreadsheetフォーマットのダウンロード項目(発行国コード(Authority))追加

ダウンロード後のシートで発行国を基にしたソートやフィルタリングが可能になります。 

4.検索履歴(Recent Searches)の任意削除が可能に

不要になった履歴を削除し、検索式を整理しながら調査を進める事が可能になります。

 ■2014年5月製品拡張情報

 1.米国/カナダの権利化後イベント・米国提訴情報の表示・ダウンロード改善

TotalPatentには、Post-Issuanceデータ(米国/カナダ特許の権利満了、再審査請求、再発行など、権利化後のイベント情報、および米国特許の提訴情報)が収録されており、検索・表示が可能になっています。

 改善1)これらのデータは、書誌事項の下部にひとまとめに表示されておりましたが、下記の手順でテーブル形式にてご覧いただけるよう改善いたしました。

(1)検索後に全文表示

(2)Legalアイコンをクリック

(3)Legal View: Post Issuanceをクリック

 

改善2)Post-Issuanceデータは、ダウンロード対象外の項目でしたが、CSV, Word、RTF形式などでダウンロード可能になりました。

特に、米国特許提訴情報に関しては、提訴日、当事者名、ドケット番号等がダウンロードされますので、調査報告においては、裁判履歴のある特許として注意喚起する事ができるようになりました。 

また、必要に応じて、上記のCourtLinkサービスで容易にドケット番号から裁判書面を取り寄せて頂けます。 

2.WorkFolder内のハイライトカスタマイズ

検索結果の前文表示同様、WorkFolderに保存したデータに対して、任意の単語をハイライト可能になりました。

なお、Narrow Searchの検索語は、システムが自動的にハイライトいたします。

 

3.図面の回転機能

図面を表示した際に、天地が正しく表示されておらず、見難いことがあります。

対象図面をクリックすると、別ウィンドウで拡大図面が開きますので、回転矢印を使って適正な向きに変更していただく事が可能になりました。

■2014年3月製品拡張情報

米国時間の3月21日(金)、本年最初の製品拡張が行われました。
主な拡張点は以下の通りです。

1. カスタマイズドハイライトの機能強化
ユーザーがハイライト可能な色のバリエーションが20色になります。
前回の拡張では9色に対応しましたが、更に多くのキーワードを色分けして、スクリーニング効率を高めることができます。
ご注意:この機能強化に伴い、ハイライトアイコンの位置が、画面左上部のWork Folderアイコン右側に移動します。
画面イメージ

2.各種分析ツールにあったフォーマットでダウンロード可能に
特許分析システムVantage Point, Intellexirに対応したエクスポート形式がダウンロードメニューに追加されます。
画面イメージ

3.スピードが改善されます
- Result ListからWork Foldersへの画面遷移スピード
- Work folderからの統計解析スピード(Analytics機能)

■2013年12月製品拡張情報

米国時間の12月13日(金)、本年最後の製品拡張が行われました。
主な拡張点は以下の通りです。

(1)ハイライト機能のカスタマイズ - 検索語以外の任意の単語を、ユーザーが
ハイライト可能になりました。
■検索結果の一覧、全文表示などの画面で、ユーザーが任意の単語を9色から
選択してハイライトできます。
また、レコードをワークフォルダーに保存した後も、ハイライトは維持されます。

ハイライト設定イメージ(1)
ハイライト設定イメージ(2)

(2)ファミリー重複除去範囲を拡張 - ファミリー重複の対象をExtended Familyに
拡張しました。
■重複除去範囲が、共通優先権を有する特許のグループまで拡張され、
より一層、ファミリー型データベースの使用感に近づきました。
■重複除去の設定は、Preferences画面で、MainかExtendedかを選択して下さい。
デフォルトはMain Familyに設定されています。

ハイライト設定イメージ(3)

(3)特許庁サイトへのリンクを充実 - 24か国の特許庁サイトへリンクします。
■National Registerページへのリンク:EP
■特許庁の特許検索トップページへのリンク:US PAIR, JP, KR, DE, FR, GB, CA, AU,
BE, CH, DK, ES, FI, IE, IT, NL, RU, HK, IS, LT, MD, NZ, WO

■2013年8月・10月リリース情報

2013年8月23日と10月5日(米国時間)に、TotalPatentの製品拡張が行われました。
主な拡張点をご紹介いたします。

<コンテンツ>
1.台湾特許・実用新案の全文収録終了
- 原語全文
- 原語全文の対訳英文(機械翻訳)
- PDF公報

<収録範囲>
- 書誌       ( >= 1950)
- 登録特許 ( >= 1993)
- 公開特許 ( >= 2003)
- 実用新案 ( >= 2004) 
- PDF公報   ( >= 2000)

LexisNexisでは、予め機械翻訳にて原語全文を英訳していますので、効率的に、
台湾特許調査を行っていただけます。

2.WO特許全文の英語化完了
WO特許の非英語文献全文(日本語、韓国語、中国語、日本語、ロシア語)、
ならびに英訳が収録されます。結果、TotalPatentでは、アラビア語を除き、9ヵ国語で
発行されるWO特許全文を、全て英語で検索できるようになりました。

<機能>
1. 米国公開特許の出願人名を対応の登録特許から補完
米国公開特許公報には、出願人名の記載義務がないため、出願人名検索で
ヒットしない事があります。
検索の網羅性を高めるため、公開特許に出願人名の記載が無い場合、対応の
登録特許から権利者名を補完します。

2.クレームの検索・表示・ダウンロードが便利に(対象:はUS, EP, DE, KRのみ)

2-1.全クレーム、第1クレーム、独立クレームに分けて検索が可能になりました。
検索には以下の検索フィールドをご利用下さい。

例)
*全クレーム:CLM(music and download)
*第1クレーム:CL1(music and download)
*独立クレーム:INCL(music and download)

2-2.クレームの選択的表示が可能に
第1クレーム、独立クレーム、全クレームを選んで表示できるようになりました。
クレーム数が多い場合など、独立クレームのみを素早く確認可能です。
クレーム表示のアイコンをクリックし、次の3つの条件から選択してください。
*View all claims
*View only first claim
*View only independent claims

クレーム表示画面イメージ

2-3.クレームの選択的ダウンロードが可能に
全クレーム、第1クレーム、独立クレームに分けてダウンロード可能になりました。
対応しているダウンロード形式は、下記の2種類です。
*Claims(Word, RTF, PDF他)
*Spreadsheet(CSV, TSV, Excel)

クレームダウンロード画面イメージ

3.非契約者もPDF公報を参照可能に
TotalPatentをご契約でない方も、ダウンロード済データの番号リンクからPDF公報を
参照できるようになりました。
例えば、知財部から、IDを持たない研究者に調査の結果リストを提供する場合、
研究者はリスト中の公報番号をクリックするだけで、PDF公報を閲覧できます。
この拡張により、知財部で予めPDF公報をダウンロードして提供する手間が省けます。

4.PDFアイコンの追加
ファミリー表示、全文表示画面の引用特許文献など、複数カ所にPDFアイコンが
追加されました。
これにより、どの画面からでも、ご覧になりたい文献のPDF公報をワンクリックで
ご覧いただけます。

2012年12月リリース情報

 2012年12月28日(米国時間)、TotalPatentの拡張が行われました。
主な拡張点は以下の通りです。

1.新分類CPC - 検索・表示に対応
2013年より、新たにCPCが付与されたUS、EP特許の発行が始まりました。
CPCは、新規発行の特許のみならず、発行済の特許に対しても遡及して付与されます。

TotalPatentは、過去に付与されたUSC、ECLAを維持します。CPC分類と、既存分類との併用により、CPC運用の初期段階における、分類検索の不安を低減することができます。

検索ヒント:検索フィールド”classification”をご利用頂きますと、IPC, USC, ECLAを
一括検索致します。CPCにも近々対応する予定です。現時点では、以下のような検索式をご利用下さい。
Classification(349/117 or  G02B27/28B or G02F1/1335) or CPC(G02B27/28)

2.インド特許全文・PDF公報の収録開始
全文特許の収録範囲は以下の通りです。
- 公開・ジャーナル上の出願情報:1995 - 現在
- 登録:1975 - 現在
※処理が完了したデータから順次オンラインに収録しています。
収録完了は2013年3月を予定しています。

3.韓国特許・実用新案 - 全文・全文英訳の遡及収録拡充
- 公開:1983 - 現在 (遡及収録完了)
- 登録:1979 - 現在
- 実用新案:1979 - 現在
※処理が完了したデータから順次オンラインに収録しています。
収録完了は2013年3月を予定しています。

4.ダウンロード形式追加 - 代表図付きExcelフォーマット
Work Folderから、1回に付き、5,000件まで代表図付きExcelフォーマットでダウンロード可能です。

5.簡易日本語検索画面ご利用間近
ご要望の多かった日本語検索画面が遂に登場します。近日中のリリースを予定しています。画面はこちらのリンクからご確認ください。

キーワード検索画面イメージ
特許番号検索画面イメージ

■ 2012年7月リリース情報

2012年7月1日(米国時間)、TotalPatentの定期拡張が行われました。主な拡張点は以下の通りです。

1.ワークフォルダーに絞り込み検索機能が加わりました
ワークフォルダーとは、自身のID下に検索済データを保存できるスペースです。
フォルダー内に保存された特許情報を対象に、キーワードのみならず、IPCや出願人名など、システムに搭載されている全ての検索フィールドを使った絞り込みが行えるようになりました。

2.ワークフォルダー内に、サブフォルダーを作成できます
サブフォルダーはメインフォルダーの下位に無制限に作ることができ、例えば、メインフォルダーを対象に絞り込んだデータをサブフォルダーに保存して整理するなどの利用法があります。もちろん、サブフォルダー内も検索することが可能です。

3.独立クレームのみをCSV形式でダウンロードできます
7月の拡張では、米国公開特許のみが対象ですが、次の拡張(10月の予定)では、米国登録特許も対象になります。 

2012年3月リリース情報 (PDF)

レクシスネクシス・ジャパンでは、知的財産関連製品の新着情報をお知らせするニュースレターを配信しています。

購読のお申し込みは「IPニュースレター購読申込」と件名に記載し、ご所属、部署名、お名前を記載の上、apply@lexisnexis.jp までメールをお送りください。

Lexis for Microsoft® Office
Lexis® Advance for Solos
LexisNexis Legal Store