Rule of Law

法の支配

法の支配は、最も基本的な法であり、統治されるものだけでなく、統治する者も法に従うべきであるとする原理です。法とは、客観的に導き出された原理原則の上に発見されるものであり、個人の意思によって創造され得るものではありません。

法の支配を適用する際の最も重要な点は、官権は、適正手続と認められ、制定された手順に従って書面に記された、かつ公的に公開され認められている制定法に従っている場合にのみ合法的に行使されるという原理です。
全体主義のリーダー、あるいは暴民政治による外部の圧力からも原理原則は守られるべきです。このように法の支配は、独裁政権や無政府状態とは真逆の原理です。

レクシスネクシスは、法的ならびにリスクマネジメントビジネスに関する諸問題について、より高次元の法律やリスクマネジメントに関する発言力を高めることを約束します。これは、ただ意見を述べることを指すのではなく、治安の安定や市民の幸福やビジネスの基礎として、コミュニティにおいて、より重要な役割を積極的に果たすことのお約束でもあります。この一例として、法の支配に関する我々のイニシアチブと、世界中で個人ならびに企業の権利および財産の保存、保護、守る役割を担うことが挙げられます。


法制度の透明化

"There can be no Rule of Law unless there is access to the basic sources of law."

「基本的な法源の利用環境がない限り、法の支配はない。」Theuns Viljoen レクシスクネクシス・南アフリカ エグゼクティブ・ディレクター

法の支配は透明な法制度なしでは存在することができません。それらの構成要素は、すべてに自由かつ容易にアクセス可能な法則、強い施行構造と状態にあり、個人あるいは他の構成による力の任意の使用から市民を保護するのに独立した司法制度です。

ある数カ国では、一般市民、それらの国々で行われようとしている事業および法曹実務家などは、法律あるいは法的判断へのアクセスを制限されました。この挑戦に対して、レクシスネクシスは法律の更新、印刷された書物の刊行、そして刊行物の一般利用が出来るようにするために、ガーナ、モーリシャスとナイジェリア3州で活動しています。

レクシスネクシス南アフリカ法人は、ケニヤ、スワジランド、南アフリカ、マラウイ、ジンバブウェなどアフリカなどアフリカ14カ国で、過去7年間にわたり、法律の強化ならびに更新のために、活動をしてきました。Theuns Viljoen(レクシスネクシス・南アフリカ、エグゼクティブ・ディレクター)は言います。「我々の取り組みは、基本的な法源の利用環境がない限り、法の支配はないということです。」

さらにレクシスネクシスは、IPB(国際法曹協会)と南アフリカオープンソサイエティとの共同イニシアチブにより、SALC(南アフリカリティゲーションセンター)に参加しました。  SALCは、法曹有資格者の養成、人権訴訟の支援ならびにその他法の支配の促進プログラムを支援します。

Back to top

経済発展と法の支配

"The Rule of Law can generate economic reform and unlock the social, political and economic potential that exists in societies."

— Henry Horbaczewski, former Corporate General Counsel, Reed Elsevier

レクシスネクシスは、有意義で深く根ざした経済発展は、法の支配が存在する社会にのみ生まれると信じます。強健な経済は、社会と通商を管理する法律の明確な存在と、法の支配によらない専断的な圧力から保護し、市民、機関及び外国人投資家が安心して投資できるような公平な法と契約の執行に依拠しています。このように法の支配は、人々と機関が個人的並びに集合的に彼らの夢と抱負を成し遂げることを可能にします。

レクシスネクシスは、様々な方法で、経済的発展と法の支配を促進します。それはリーダーシップによる卓越かつ啓蒙的な教育的フォーラムとレクシスネクシス・ソリューションにおける自由な普及とトレーニングです。

2007年、ラテンアメリカにおける経済開発と法の支配に関する初めての会議を後援しました。2日間に及んだこの草分け的な会議は、ラテンアメリカ諸国の一流企業の重役から、元大統領、著名な裁判官、有数の法律事務所の共同経営者まで参加しました。

会議は、ラテンアメリカでの法改革、ラテンアメリカへの海外直接投資の経験、知的所有権、地域的・国際的なクレジットと安全が保証された貸出業務を保護する方法、国際貿易と投資の他の論争解決の司法制度と法の支配等の問題について議論しました。会議は、さらにラテンアメリカで継続的な経済進歩および法の支配に対する将来の挑戦を検討しました。

2008年に、我々はアジアでも経済開発と法の支配をテーマに、類似した会議を後援する機会を持つことを検討しています。

Back to top

製品情報
サポート情報
セミナー・イベント情報
ニュース
書籍のご案内