ホーム 会社案内 製品・サービス 出版物 セミナー
  

    Home > サポート > lexis.comサポート


 
 
 



lexis.com 一般検索ガイド

lexis.comのオンライン・サポートです。
左のナビゲーションより、検索になりたい分野(ニュース、企業情報、法律情報など)を
ご選択ください。


 検索の基本

 ライブラリとファイル
概要 LexisNexisが提供する情報は、ファイルと呼ばれる最小単位の集合と、分野別にファイルを収納するライブラリとによって構成されています。実際の検索は各ファイルを対象としています。複数のファイル含むグループファイルも検索対象になります。
通常の検索においては、特にライブラリを意識せずにカテゴリー(トピック)を選択しながら各ファイルを選択することができます。
利用例 ・ News, All
(ライブラリ名:NEWS / ファイル名:ALLNWS)

・ The New York Times
(ライブラリ名:NEWS / ファイル名:NYT)

・ US Law Reviews and Journals, Combined
(ライブラリ名:LAWREV / ファイル名:ALLUS)

・ Harvard Law Review
(ライブラリ名:LAWREV / ファイル名:HARV)

 コネクター(結合子)
概要 複数の単語やフレーズで検索を行う場合、ANDやORなどのコネクターを使用して、単語間の関係を論理的に組み合わせることができます(Boolean検索)。
 
コネクターの一覧と、各コネクターの利用方法は、こちらまで。 http://www.lexisnexis.jp/support/Boolean%20Searching.pdf
OR OR は同義語、別表現、頭字語、反意語などをリンクします。ORで結合された語句のいずれかが含まれていれば検索されます。
・ doctor OR physician
- doctorまたはphysicianに該当するものを検索します。

・ environmental protection agency OR epa
- Environmental Protection Agency(環境保護局)、またはEPAに該当するものを検索します。
AND AND は同一ドキュメント全体において、その場所や近接度とは関係なく、指定したワードやフレーズが両方とも必ず存在しているようリンクさせる結合子です。
・ bank AND deregulate
- 同一ドキュメント内で場所を特定せず、キーワードbankとderegulateを検索します。

・ stock OR share /10 redeem! OR redemption AND takeover OR take over OR merg!
- キーワードredeem!またはredemptionの前後10文字以内にstockまたはshareというキーワードのいずれかが存在しており、かつそのドキュメント内にtakeover、take over、またはmerg!というキーワードが必ず含まれているものを検索します。
W/P W/Pでは同一パラグラフ(段落)に存在する検索語を探します。互いに一般的な関係性を持つ2つの語を探したい場合に/p結合子を使います。
・ rule 11 w/p sanction
- キーワードsanctionと同じパラグラフにあるキーワードruleを検索します。

・ take over OR takeover w/p poison pill
- キーワードpoison pillと同じパラグラフにあるキーワードtake overまたはtakeoverを検索します。
W/S W/Sでは同一センテンス(文章)に存在する検索語を探します。はっきりとした近似を指定せずに2つの検索語に緊密な関係を持たせたい場合に使用します。
・ sanction w/s frivolous
- キーワードfrivolousと同じセンテンスにあるキーワードsanctionを検索します。
W/n W/nは検索する語や句をリンクさせてコンセプトを形成する結合子です。n語以内に前後の語句が近接している場合検索対象になります。ここで用いられている文字nは1から255までの数字を表します。w/nは語順を特定せず、近接語数のみを指定します。
・ john w/3 doe
- doeというキーワードの前後3語以内の場所にjohnというキーワードがあるドキュメントを検索します。ミドルネームやイニシャル、またラストネームがファーストネームの前に記載されているような場合を考慮に入れてファーストネームとラストネームをリンクさせる際に利用します。

・ market w/5 share
- shareというキーワードの前後5語以内の場所にmarketというキーワードが存在するドキュメントを検索します。2語一組で、または4語以内の語を間に介在させる2つの語をリンクさせます。この検索要求の結果、market shareやshare of the marketという語句が検索されます。
PRE/n PRE/nは指定した検索語が両方とも同一セグメント内のドキュメントに存在し、かつ最初の語が2番目の語のn語目に位置するよう求めます。語順の変化で意味が変わるような場合にこの結合子を用います。
・ cable PRE/2 television OR tv OR t.v.
- television cableではなく、cable televisionまたはcable tvを検索します。
AND NOT AND NOTは結合子以降に記述されているあらゆる検索語をドキュメントから除外します。

※結合子AND NOTを使用する際には注意が必要です。AND NOTで結合された検索語は全て除外してしまうため、結果的に他の結合子の機能に影響を与えることになります。
・ trust AND NOT charitable trust
- ドキュメント全体からキーワードtrustを検索しますが、charitable trustを検索結果から除外します。

 結合子の優先順位
概要 結合子は下記の優先順位にしたがって機能します。

OR > w/n、PRE/n、NOT/n > w/s > w/p > AND > AND NOT

また、同一結合子を複数回数利用する場合は左から右の順に機能していきます。
"数字関連"の結合子に別の数字を割り当てると、最も小さい数字から順に機能します。
w/pとw/sは、たとえばw/nのような近接結合子と組み合わせて利用することはできません。
利用例 bankrupt! w/25 dischag! AND student OR college OR education w/5 loan
優先順位 ORの優先順位が最も高いので、まずstudent OR college OR educationの検索単位が作成されます。
次に、w/n結合子同士でより小さい数が設定されているw/5により、検索語loanと検索単位student OR college OR education!が組み合わされます。
w/25 はその次に処理され、bankrupt! w/25 dischag!という検索単位が作成されます。
優先順位が最も低いANDが最後に処理され、各検索単位を結びつけます。

 ユニバーサル・キャラクター(ワイルド・カード)
ソース LexisNexisではアスタリスク(*)と感嘆符(!)をユニバーサル・キャラクターと呼びます。いずれも単語中の文字の代用として使用します。

感嘆符(!)はトランケーション機能を提供します。!マーク以降の語尾変化を一括して検索します。

アスタリスク(*)は文字マスク機能を提供します。*マークの部分にあらゆる文字が入る語を検索します。単語の中で用いられる場合、1マーク2文字に対応します。語尾で用いられる場合は、*マークの個数が最大の文字数と認識されます。
利用例 ・ insur! ⇒ "insure" or "insured" or "insuring" or "insurance"
  : 共通の語幹を持つ関連の高い語を一括検索

・ child! ⇒ "child" or "children" or "childlike"
  : あるキーワードと、当該キーワードを語幹に持つ語とを一括検索
利用例 ・ wom*n ⇒ "woman" or "women" : スペルが似ている別の語を一括検索

・ bernst**n ⇒ "berstein" or "bernstien" : スペルが複数ある語を一括検索

・ litiga** ⇒ "litigate" or "litigant" : 語幹が共通だが、*マークの個数以上の文字を有するものを排除(例えば、litigationは排除される)

 検索語の属性
ソース ・ 複数形と所有格
名詞はあらゆる形式 - つまり単数、複数、所有格が利用できます。検索条件に与えられた名詞が規則変化する複数形であれば自動的にすべて検索されます。
ただしchildやoxのように複数形が不規則変化する名詞の場合は、複数形や複数形の所有格が自動的に検索されません。このような場合には、ユニバーサル・キャラクターを使用してください。
ソース ・ 特別記号
多くのキーボードでは法例を引用する際よく用いられる§という記号を出すことができません。お使いのキーボードでこの記号が出せない場合、@で代用できます。たとえば法例の305項を検索するには@ 305 または@305と入力します。
ソース ・ 同義語
同義語関係にある特定の語句、または短縮形を含めて検索します。たとえばcalと指定すると、自動的にCal、Calif.、Californiaを検索します。但し、地名、曜日、月、数詞など頻繁に使用される特定の語句に限られます。 その他の場合は、コネクターORを用いて、いずれかの可能性を残して検索します。
ソース ・ ノイズワード
ある種の共通語はほとんどの箇所で検索できません。このような語句をノイズワードと言います。ノイズワードをリスト化すると非常に膨大な量になるのでここには掲載しませんが、多くの文書に繰り返し用いられる単語、たとえばthe、and、of、his、my、when、is、areなどがノイズワードであると思ってください。疑わしい場合はその単語を除き、代わりに w/n結合子 を用いてください。

 特殊指定(大文字・小文字指定、検索語の出現回数指定)
概要 LexisNexisでは特殊な指定を行わない限り、大文字・小文字、また単数形・複数形(基本形)を識別せずに検索します。

特殊指定の仕方は、こちらまで。
http://www.lexisnexis.jp/support/Boolean%20Searching.pdf
記号 下記の機能を利用して特殊指定を行うことができます。
・ caps 大文字指定(一文字以上)
・ allcaps 大文字指定(全文字)
・ nocaps 小文字指定(全文字)
・ singular 単数形指定
・ plural 複数形指定
利用例 ・ caps(era) ⇒ Era, eRa, erA など
・ allcaps(era) ⇒ ERA
・ nocaps(era) ⇒ era
・ singlar(computer) ⇒ computer
・ plural(computers) ⇒ computers

 セグメント・サーチ
概要 セグメントはドキュメント内の特定の項目やセクションを意味します。セグメント構成はファイルによって異なりますが、同種の情報を収録するファイルには共通のセグメントが設定されています。

例えば一般のニュースファイルには、HEADLINE(タイトル), LEAD(冒頭部), BODY(本文), BYLINE(著者名), DATE(日付)などのセグメントが設定されています。判例ファイルには、NAME(当事者名), NUMBER(ドケット番号), COURT(裁判所)などのセグメントが設定されています。会社情報のファイルにはCOMPANY(会社名), ADDRESS(住所)などのセグメントなどがあります。

LexisNexisでは、特定のセグメントを指定して、そのセグメント内のみを対象に検索することができます。全文を対象にするよりも精度の高い検索結果を得ることが可能です。セグメント名称を入力して、その後に()で括った検索語を入力します。()内にコネクターを併用し、複数の単語を指定することも可能です。
利用例 apple computer社の会社情報を検索する場合、会社情報のファイルで、
COMPANY(apple computer) と入力します。

ニュースファイルでヘッドラインに"peace"と"war"を含む記事を検索する場合は、
HEADLINE(peace and war) などと入力します。

※セグメントの構成はファイルによって異なりますので、各ソースのインフォメーション・ファイルでご確認ください。

 FOCUS/絞込み機能
ソース 検索語を追加して検索結果を絞り込む機能です。FOCUSで使用した検索用語がハイライトで表示されます。無料でご利用いただけます。
FOCUS機能を解除すると、直前の検索結果に戻ります。

 Alerts機能(検索の自動更新)
ソース 検索式を保存して、一定の周期で検索を自動的に更新します。検索結果の自動e-mail配信も可能です。
利用方法 Alert機能使用の手順

ソースを指定、検索式を入力し、検索を実行
検索結果画面上部のAlertのリンクを押し、画面にしたがって更新周期などの設定を行う
 (lexis.com では"Save As Alert", Nexisでは"Create Alert"のリンクをクリックします)

 日付(期間)による限定
概要 検索結果を日付(発行日)で限定する場合、dateセグメントを使用します。年、月、日付の単位で指定が可能です。=, >, < の記号または is, aft, bef の文字式のどちらかを使用します。
ソース 日付の入力形式サンプル
・ 2007年7月24日 - 7/24/07; 07/24/2007; Jul 24, 2007 など
・ 2007年7月 - 7/07; 07/2007; July, 2007 など
・ 2007年 - 2007
利用例 入力例:月/日/年の順で入力 (アメリカ方式)

・ date = 2007 または date is 2007 (2007年発行分)

・ date > december 31, 2006 または date aft december 31, 2006 
(2007年1月1日以降。2006年12月31日は含まれません)

・ date < 1/1/2007 または date bef 1/1/2007
(2006年12月31日以前。2007年1月1日は含まれません)

 収録期間の調べ方
ソース 各ソース名の横には”i”マークが付いております。こちらのInformationマークをクリックすると、LexisNexisにおける収録期間・アップデートの頻度・収録媒体等ソースの詳細について確認できます。


ページトップへ

 


Search  
Terms & Conditions Privacy Copyright 2007 LexisNexis, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.