BLJ Times (ブログ記事)

<h1 class="title-text">BLJ Times (ブログ記事)</h1>

【インタビュー】日本企業を取り巻く危機管理やコンプライアンスの深層について考察する Vol 2


企業におけるコンプライアンスの重要性が叫ばれて久しいが、日本企業の不祥事は後を絶たない状態が続いています。各企業がコンプライアンスによる規制を強化している一方で、実際には社内に浸透していないという声も多く聞かれます。そこで、企業の危機管理やコンプライアンスの専門家であり、『企業不祥事を防ぐ』などの著書もある國廣正弁護士に、日本の企業の危機管理・コンプライアンスを取り巻く状況や、コンプライアンスに関する想いなどを伺いました(前・後編)。

【インタビュー】日本企業を取り巻く危機管理やコンプライアンスの深層について考察する


企業におけるコンプライアンスの重要性が叫ばれて久しいが、日本企業の不祥事は後を絶たない状態が続いています。各企業がコンプライアンスによる規制を強化している一方で、実際には社内に浸透していないという声も多く聞かれます。そこで、企業の危機管理やコンプライアンスの専門家であり、『企業不祥事を防ぐ』などの著書もある國廣正弁護士に、日本の企業の危機管理・コンプライアンスを取り巻く状況や、コンプライアンスに関する想いなどを伺いました(前・後編)。

ホワイトペーパーダウンロード【2020年の不祥事の傾向と2021年に向けた課題】


現代の企業社会においては、リスクマネジメントのために「社内ガバナンス」確立の重要性が常識となっており、社会も各企業にコンプライアンス遵守の姿勢を求めています。しかし、このような時代背景がありながら、企業の不祥事に関する報道が後を絶ちません。それらの不祥事のほとんどが、企業コンプライアンスの重要性をないがしろにし、社内ガバナンスが機能せず、リスクマネジメントの脆弱さによって表出した事案の数々といえるのです。

環境・安全コンプライアンス 健康経営を意識した“安全衛生管理体制”構築とその盲点


レクシスネクシス・ジャパンでは「環境・安全コンプライアンス」に関するセミナーを定期的に開催しています。近年、産業界でその必要性が求められている「健康経営」をキーワードに、安全衛生管理はどうあるべきか、その体制構築の中身や盲点などを問題提起した同セミナーの概要を紹介します。

脱炭素経営、温室効果ガス排出量オープンデータ化…ポイント解説!令和3年改正!地球温暖化対策推進法の事前チェック


令和2年10月の臨時国会で、菅義偉首相は所信表明演説の中で「2050年カーボンニュートラル」を宣言しました。これは「日本国として2050年までに温室効果ガスをゼロにして脱炭素社会を実現する」ことを意味します。首相の声明に呼応して、2021年(令和3年)3月には「地球温暖化対策推進法」の改正案が国会に提出され、現在審議が進められています。

ホワイトペーパーダウンロード【法務のためのブックガイド2021】


レクシスネクシス・ジャパンでは4月を“Learning Month”としてセルフペースラーニング推奨プログラムを実施しています。社員がそれぞれ興味のある分野のオンライン学習を受講したり、書籍を用いた学習もプログラムの対象となっていますが、どんな書籍が良いかを選ぶのはなかなか難しいものです。そんな時に役立つのが「ブックガイド」です。今回ご紹介する【法務のためのブックガイド2021】は、新年度は異動などで新たな環境・仕事を始める人も多い時期でもあり、特に企業法務に携わる人々にとっては、実務において役立つブックガイドとなっています。 

環境・安全コンプライアンス 3線ディフェンスライン構築の入り口


刻々と移り変わる現代社会。企業を取り巻く環境も大きく変容しています。変化の波に乗れない企業はやがて衰退するしかないという厳しい時代となりつつあるのが現実です。そして現代の企業に強く要求されているのが「環境・安全コンプライアンスの確立」という課題です。現実にこれらをなおざりにしていた企業が、次々に窮地に追い込まれるという事例がいくつも報告されています。