昨今、ますます企業のコンプライアンス責任が要求されています。
法令を遵守し、リスクを管理する。それは社会の一員たる企業として当然の義務です。
しかし、企業側の実態としては、コンプライアンスという言葉は、決してポジティブな響きをもっていません。
細かい法令解釈だらけのコンプライアンス・マニュアル。
現場に求める、ともすれば形式的なワークフロー。そして、問題が起きたときの対処、謝罪の想定。
企業にとって、コンプライアンスは、
ビジネス活動を委縮させる「足かせ」「重荷」として感じられていることが、一般的ではないでしょうか。
しかし、これからのコンプライアンスは、変わります。コンプライアンスはビジネスの「足かせ」ではなく、
変化する時代や社会のなかで企業が伸び続け、事業を拡大し続けるために能動的にとりくむべき、
アクティブ・リスクマネジメントなのです。
言い換えれば、リスクを制したものこそが、企業成長を制する、と言えます。
かたちを守るためのコンプライアンスから、攻めのコンプライアンスへ。
レクシスネクシスは、コンプライアンスをシンプルに、スマートにすることで、企業のさらなる発展をサポートします。

昨今、組織内における様々な不祥事が明るみに出て、
ブランドや企業価値の毀損を目にするケースが散見されます。
我々レクシスネクシス・ジャパンでは、
不祥事を予防する「守りのコンプライアンス」から、
持続可能性の高い企業として
企業価値を高めお客様に選ばれるブランドであり続けるための
「攻めのコンプライアンス」実践のため、
順法意識を醸成してコンプライアンスを遵守する
透明性の高い体制作りを支援しています。
われわれは今日までに、グローバルで最も高いシェアを持ち
法律・規制情報の提供を行ってきた実績と、
ローカルレベルでの企業法務に対する知見を組み合わせ、
グローバルでビジネスを展開される日本企業や法律事務所をはじめ、
日本政府、大学学術機関等にクライアントが求めるサービスを提供してきました。
コンプライアンスのベストパートナーとして、
レクシスネクシスにご期待ください。

Sales
Sales Director
Takashi Watanabe

Contact Form

(*)は必須項目です
レクシスネクシスジャパンからのメルマガ配信希望